Minori M. De Agostini

Nel 2005 inizia a collaborare col marito Giovanni De Agostini jr. nell’Antica Cartografia.

Realizza la Carta del PIT (Piano Interterritoriale) di Catania e dei Comuni limitrofi. Nel 2008 prepara per la società Dielle di Milano la carta stradale d’Italia scala 1:1.000.000. Nello stesso anno inizia la pubblicazione dell’ agenda Gastronomica d’Italia per il mercato giapponese, eseguita e apprezzata fino ad oggi e partono anche in Italia e Sud America dove sono a corredo le carte geopittoriche Giovanni De Agostini jr. e Federico De Agostini. 

Nel 2009 ha lavorato per realizzare la ristampa del libro Pinocchio edito da Federico De Agostini e illustrato da Vsevolode Nicouline nel 1945. Nell' ottobre dello stesso anno ha collaborato alla edizione del film Fin del Mundo sulla vita di Alberto Maria De Agostini. Nel 2010 realizza varie mostre sulla famiglia De Agostini (Politecnico di Milano), sull’Unità d’Italia (Caracas, Jakarta, Osaka e Tokyo,Chile). Nel 2012 a Jakarta porta la mostra sulla storia dell’Islam presso la Biblioteca Nazionale, lavoro realizzato dal marito. 

Nel 2013 a Lecco-Malgrate presenta una mostra che ha per tema l’Atlante Limnologico di Giovanni De Agostini sr. organizzando anche diversi stage per illustrare la cartografia agli alunni delle scuole del territorio con piccoli esercizi di cartografia. Nel 2015 realizza una mostra a Santa Margherita Ligure sulla famiglia De Agostini e a Como un seminario e conferenza sul cartografo giapponese Ino Tadataka e sulla cartografia giapponese dal 1800 al 1900 per i festeggiamenti dei 40 anni di gemellaggio tra il comune di Como e di Tokamachi (Giappone).

Alla fine del 2015 pubblica una carta geopittorica del Giappone seguendo le tecniche di lavorazione usate 60 anni fa da Giovanni e Federico. Con la precisione e l'accuratezza che a ha sempre contraddistinto i lavori della famiglia. Nel 2016 ha seguito la conferenza cartografia a Lisbona presso Società Geografico di Lisbona. Con suo marito Giovanni De Agostini jr. organizza vari tipi di mostre e di conferenze per realizzare poi un museo cartografico dei De Agostini riservato a tutte le opere e materiali della famiglia che speriamo diventi in futuro il primo museo in Italia.

Interior Designer specializzata in illuminazione, Grafica.

************************************************************************************************** 

2005年アンティカ カルトグラフィア社を設立、夫ジョバンニ・デ・アゴスティーニと共に地図会社を始めました。

最初の仕事はシチリア・カタニア市とその周囲の市を含む観光地図でした。

2008年にはミラノのディエッレ社の依頼によりイタリア全土道路地図1:1.000.000を作成、

イタリア各地のキヨスクや書店にて販売されています。

同年に夫の祖父ジョバンニと父フェデリコ・デ・アゴスティーニ作成のイラスト地図を使用したイラスト地図手帳を企画・作成。 当初はイタリアを愛する日本人愛好家やイタリア料理を愛し関わる日本人料理研究家の方々やイタリアンレストランのシェフの方々に好評を頂いていましたが、現在はイタリア国内や中南米にも広まっています。カラフルなイラスト地図にあわせて毎年変わるイタリア家庭料理のレシピも好評です。

2009年にはウクライナ人の画家ヴェゼヴォローデ・ニクーリンがフェデリコの会社イタルジェオ社の為に書き下ろしたピノッキオの絵本を復刻し再出版しました。イタリアで生まれた世界に有名なピノッキオの絵本はニクーリンオリジナルのイラストと共にイタリアから日本にも紹介されました。日本では結婚式のお祝い、出産のお祝いに、イタリア国内ではコムニオーネや洗礼式のお祝いにも使って頂いています。

同年、サレジオ教会宣教師としてパタゴニアに渡り生涯を先住民保護活動にささげた叔父アルベルト・マリア・デ・アゴスティーニの没後100年記念のプロジェクト記念として、トリノのドン・ボスコ伝道会の依頼によりパタゴニアの地で「Fin del Mundo」の撮影に秘書として同行。約2ヶ月強に亘る現地での撮影とチリ・プンタアレーナス博物館での資料作成に従事しました。

2010年から本格的にモストラ(展示会)をオーガナイズ。 ミラノ市主催の展示会を始めとし、

2011年のイタリア共和国150周年記念ではイタリア大使館及び文化会館とコラボレーションし各地でイタリア共和国記念モストラ(展示会)を企画実行。(ヴェネズエラ・ジャカルタ・大阪・東京・チリ)2012年にはジャカルタのイタリア大使館、文化会館の以来にて、「イスラムの歴史」をテーマにしたモストラ(展示会)を国立博物館にて企画実施。 現地の各国大使の方々にもご参列いただき、とても興味深い展示会だったと好評を得る事が出来ました。

2013年にはロンバルディア州のレッコ県にて「ロンバルディア州の湖畔地図」をメインにモストラ(展示会)を企画・実施。午前中は地元の小中学校の課外授業を受容れ、展示会をガイド付きで見学しながら生徒達に自分達のテリトリーの歴史や成り立ち方を考えていただく良い機会となりました。1ヶ月の予定をリクエストにより延長しての開催となりました。

2015年にはリグーリア州のサンタ・マルゲリータ・リグレ市の依頼にて、市庁舎内でモストラ(展示会)を企画・実施。地元の小中学校の課外授業受容れはもちろん、地元の市民の方から観光客の方まで足を運んで頂き賑わいました。 また、コモ市と十日町市の姉妹都市40周年記念において「日本の地図、伊能忠敬」についてのセミナー講演会を実施致しました。 同年、始めての日本イラスト地図を作成出版。

2016年にはリスボンのイタリア文化会館からの依頼により、由緒あるポルトガル地図学会本部にてデ・アゴスティーニファミリーの地図の歴史について講演会をさせて頂きました

同年Imago Mundi Tokyoを設立。ファミリーすべての著作権を管理しています。

2017年1月18日から2月28日までミラノの市立図書館SORMANIにてItago Italiaeと題した展示会を開催中。同年5月、食の祭典週間を記念してGambero Rossoと共同協賛したCIbus Nostrumにてイラスト地図を展示。

9月6日―28日ミラノのロンバルディア州市庁舎施設にてI De Agostini e la cartografia展示会を開催。

 

祖父ジョバンニ・デ・アゴスティーニが創立した出版社デ・アゴスティーニ社(ノバラ市)を当時のムッソリーニ政権により剥奪されて以来、祖父ー叔父ー父へと代々受け継がれてきた地図の膨大な資料と地図遺産等の知的財産を受け継ぐ唯一の相続者ジョバンニ(夫)と共に、イタリア国内だけでなく世界各地でのモストラ(展示会)や講演会を主催開催しながら、地図博物館の創立を目指しています